これも遺産になる?あるはずの遺産がないときは?

プラスもマイナスもすべて遺産になる

遺産には、現金や預金、不動産などのプラスの財産だけでなく、借金などのマイナスの財産も含まれます。故人の一身専属権に属するもの(医師資格や身元保証などの故人特有の資格や義務)を除き、すべて遺産になります。つまり、ほとんどのものが遺産になると考えておいたほうがいいでしょう。金銭的価値があるかどうかは、別問題です。

そこで、プラスとマイナスの財産がどれくらいあるのか、一覧表を作っておくと後の検討に役立ちます。この一覧表を、遺産目録といいます。遺産目録には決まった書式はありません。なお、土地や建物などの不動産については、くわしく確認するために、登記簿謄本を参照して情報を記入するようにしましょう。

どこにあるのかわからない遺産を探すには?

故人にどんな遺産があるかは、同居の家族であればだいたいわかると思います。しかし、兄弟姉妹や叔父からの相続などの場合、どこにどんな遺産があるのか見当もつかないことがあります。そんなときは、下記を参考に遺産を探してみてください。

不動産(土地や建物、駐車場など)は、固定資産税の納税通知書、名寄帳を確認

どんな不動産を所有しているかを把握するには、まず固定資産税の納税通知書がないか確認しましょう。この通知書は、毎年、不動産がある市区町村役場(東京23区の場合は都税事務所)から所有者のところにそれぞれ送られてくるので、複数の市区町村に点在している不動産も、比較的容易に把握することができます。

また、固定資産税の納税通知書が見当たらないときは、市区町村役場(東京23区は都税事務所)で名寄帳の写しを取り寄せると、その市区町村にある所有不動産が一覧でわかります。原則として相続人が取り寄せる場合は戸籍謄本など、身分確認資料が必要です。

現金・預貯金は、通帳や確定申告書を確認

現金、預貯金はいずれも金融機関の通帳を確認します。通帳、ATMの明細などを探しましょう。通帳を紛失したときは取引履歴の明細を金融機関に発行してもらうこともできます。もし多額の引き出し明細があれば、現金として残っているか、ほかの財産に変わっているはずです。

ただし、インターネットバンキングには、通帳がありません。家族などに利用している旨を伝えておかないとだれもわからなくなってしまうので、注意が必要です。インターネットバンキングの利用には、キャッシュカードのようなカードが発行されていることが多いので、カード類が手掛かりになります。

また、満期保険金の受け取りや多額の一時所得があったときは、確定申告が必要なので、申告書の控えで確認することができます。通帳に記帳された情報とあわせて確認しましょう。

株、投資信託などの有価証券は、郵便物と通帳を確認

現在、ほとんどの株は株券を発行していません。そのため、株や投資信託などの財産があるかどうかを確認するには、証券会社や信託会社から送られてくる郵便物が手掛かりになります。また、株の配当や分配金は銀行口座などに振り込まれるため、通帳で証券会社などからの振込がないかを確認し、問い合わせることもできます。

借金や保証債務などは、契約書、利用明細書、通帳を確認

最近では、カードのキャッシングを借金と思わずに利用する人も増えています。しかし、それもいずれは返さなくてはならない借金の1つで、相続するときは借金も相続されます。そのほかにも、連帯保証人になっていたらその保証債務も相続されてしまいますので、心当たりがあれば契約書を探しましょう。

借金やローンがあれば、定期的に引き落としなどで支払っていることが多いので、金融機関の通帳をチェックします。

また、利用明細や督促状などの郵便物も大きな手掛かりになります。故人の口座を凍結すると、引き落としができずに督促状が届いて借金が発覚することもあります。

もしも遺産に借金が見つかったら?

遺産を探していて、もしも借金が出てきたら、あわてずにいくら借金が残っているかを把握しましょう。債権者へ残債(借金)の確認をする際、債権者に「払ってくれ」と言われて一部でも遺産から払ったりしてしまうと、借金も丸ごと相続することを選択したことになってしまうので注意してください。

また、借金は背負いたくないけれど、現金などプラスの財産まで放棄するのは惜しいからといって、遺産を使ったりすれば、それも借金込みで遺産相続することを選択したのと同じになってしまいます。まずは落ち着いて、すべての遺産を探し、相続する・しない(放棄する)を検討しましょう。

日曜営業の岐阜サンデー法務事務所にご相談下さい

相続登記は、不動産が高価な財産ということもあり、手続きが非常に複雑となっております。法律を把握した上で戸籍を正確に読みとき、1文字の誤字・脱字も出さずに書類を作り上げる必要があるなど、一生に数回あるかないかの手続にもかかわらず専門的な能力が求められます。

当事務所では、そんな複雑な手続をスピーディーかつリーズナブルに対応致します。

相続登記(不動産の名義変更)
39800円~

無料相談のお申込み

相続の相談は何度でも無料です。お気軽にどうぞ。

お問い合わせ:058-215-8560

無料相談申込:8:30~21:00(年中無休)

営業時間:9:00~19:00(土曜日定休)

  • ご予約で土日祝日の相談が可能
  • ご予約で夜間の相談が可能
  • 空きがあれば当日の相談予約も可能

お問い合わせ(24時間受付)

代表司法書士 眞野 俊文

主なお客様対応エリア

大垣市中心地より車で22分程度
瑞穂市中心地より車で19分程度
各務原市中心地より車で19分程度
関市中心地より車で36分程度
羽島市中心地より車で20分程度
山県市中心地より車で25分程度
本巣市中心地より車で21分程度
大野町中心地より車で25分程度
神戸町中心地より車で23分程度

無料相談のお申込み

相続の相談は何度でも無料です。

お問い合わせ:058-215-8560(年中無休9:00~21:00)

お問い合わせ(24時間受付)